iPhoneの容量が足りなくなった


iPhoneはカメラ機能が優れているのでたくさん写真を撮る方が多いかと思います。また、音楽を聞くにも最適ですが、、

写真を大量に撮影して、音楽ファイルをたくさんコピーして、アプリをたくさんインストールをしていると、iPhoneの容量がたりなくなってきます。

空き容量を増やすために一番効果的なのは、写真やムービーを削除することです。特にムービーに容量はものすごく大きいのでバックアップした後、最優先に削除したいです。

写真はDropBoxなどのオンラインストレージサービスなどにアップしておき端末内のファイルを削除しましょう。アプリを削除する場合は

アプリの容量をチェックして削除の参考にしましょう。

 

■写真とビデオの削除

不要な写真やビデオをパソコンにバックアップしてから削除しましょう。

特にビデオは容量を多く使うので普段みないものは思い切って消してしまいましょう。

 

■DropBoxにアップロード

Dropboxをインストールしておけば撮影した写真を自動的にアップロードすることができるのでiPhoneの容量を節約することができます。ネット環境があればいつでもダウンロードできる。

 

■アプリの容量確認

設定→一般→使用状況で各アプリが使用している容量がわかります。多く使用しているものを確認しましょう。Appを削除をタップすればアプリを削除できます。