iPhone基本操作方法


■長押し

ロングタッチとも言います。項目やアイコンを指でしばらく押したままにすることで、メニューなどが表示されます。アイコンの移動・削除の時も使用します。

 

■ダブルタップ

2回連続で同じ位置をタップする操作方法。素早く2回とんとんとタップ。マップの拡大などで使います。

 

■タップ

画面の項目やアイコンなどを指で軽く叩く操作。アプリを開く、メニューを開くなど、ほとんどの操作はタップで行える。

 

■フリック

指で画面を上下左右に素早く払うように触れる操作。ホーム画面を切り替えたり、キーボードのフリック入力などで使用する。

 

■スワイプ

スライドとも言われます。画面に触れながら指をスライドさせる操作。フリック操作と似ているが、指を払わないのがスワイプ。画面のロック解除などの時に使用します。

 

■ピンチアウト・ピンチイン

人差し指と親指の2本指で画面を広げる(ピンチアウト)つまむ(ピンチイン)操作。サイト閲覧中・写真などの表示中に行うと拡大・縮小ができます。

 

■実行中のアプリを切り替える

ホームボタンを2回素早く押すと画面下に実行中のアプリが表示されます。左右にスワイプしてアプリをタップ選択すると、そのアプリに切り替えることができます。

 

■直前の操作を取り消す

iPhone本体を横に振ると、直前の操作を取消することができます。システムを使う

 

■指紋認証システムを使う

ホームボタンに指紋認証登録をした指で触れると画面ロックを解除できたりTouchIDを使うことができます。

 

■電源を切る本体のスリープボタンを長押しすると電源オフのスライダが出るのでスワイプ。

 

■画面のスクリーンショット

ホームボタンを押しながらスリープボタンを素早く押すと、表示中の画面のスクリーンが撮影できます。

 

■Siriを起動する

ホームボタンを長押しすると、音声アシスタントサービス「Siri」を起動できます。

 

地域密着iPhone修理はスマートリペア